Language :

English

英雄互娯が2017年間決算報告を発表し、純利益は9.15億元人民元を実現、前年比上昇72%

2018-04-18

2018年4月18日、英雄互娯(430127)が2017年間決算報告を発表し、株主会社に帰属する当期純利益は9.15億元人民元まで達し、前年比72%を上昇した。


決算報告によると、英雄互娯の売上高と純利益が急速上昇できた原因は会社が当期に自力開発のゲームと代理のゲームを多数リリースし、多様な方法を使ってユーザーのエンゲージメントを上昇させ、さらに中国国内外のプロモーションにおいて尽力をつくし、売上高よいゲームが多数がり、事業が速いスピードで発展しているからである。


2018年2月9日、英雄互娯がNEEQ(National Equities Exchange and Quotations)により、IPOサービス協議を締結したことを公開した。A-sharesでIPOすることを正式に発表した。また、英雄互娯は中華人民共和国科学技術部の2017年間ユニコーン企業リストに入選した。


2017年、げーむの開発・運営において、「逸品化」ゲームタイトルが続々とリリースし、英雄互娯が収穫時期を迎えた。


2017年1月13日、英雄互娯の自力開発タイトル「WeRace」がリリースした。30軒近くのメインチャンネルの重点おすすめを獲得し、Mobile Hardcore Alliance(以下:M.H.A)2017年1月のスターゲーム好評を得た。IOSのレーシングゲームトップランキングNo.1、9GAMEの新着ゲームランキング&新着期待ゲームランキングNo.1を獲得した。ドリフトレーシングゲーム分野に力を入れる。またこの前も、「WeRace」が新華網の2018年中国ゲーム盛典で「2017年間最人気ゲームTOP10」を受賞した。


2017年9月29日、「Art of War: Red Tide」がグローバル配信し、全世界154ヶ国・地域のApp Store「おすすめアプリ」、IOS11のApp Store 「Todayおすすめ」に選ばれた。154ヶ国・地域の無料ゲームランキングTOP5および154ヶ国・地域のストラテジーゲームランキングTOP5の成績を取った。唯一App Storeの「World Premiere」おすすめに選ばれた中国ゲームメーカーのゲームであった。App Store の「2017年間中国地区ベストiPadゲーム」を獲得した。


2017年9月29日、英雄互娯がM.H.Aでリリースした「剣与家園」がM.H.Aより強くおすすめされた。初月の売上高が1億元人民元を超え、VIVOオンラインゲームランキングTOP3、HUAWEI当月オンラインゲームランキングTOP3、OPPO トップセールスランキングTOP3の成績を獲得した。同じジャンルゲームで抜群なタイトルになった。これで英雄互娯がMobile e-Sports分野においての総合実力を証明した。


その他、英雄互娯は国際知名ゲームメーカーのEAと連携し、EAが開発したNBA監修のバスケAppゲーム「NBA Live」を代理し、中国で配信した。「NBA Live」がアメリカApp Store無料ランキングNo.1、そしてカナダ、日本、韓国、香港、台湾など多数の国・地域のApp Store無料ランキングNo.1&スポーツゲームNo.1の優秀成績を取った。2017年12月1日、「NBA Live」が中国国内でIOS&Android版がりりーりされ、HUAWEI「2017年間新着カジュアルゲームTOP10」に選ばれた。VIVOの「11月新着オフラインゲームランキングNo.1」を獲得した。M.H.A2017年1月のスターゲーム好評を得た。2017年金翎賞の「ユーザーが一番期待するモバイルオフラインゲーム」を受賞した。


2017年12月8日、角川書店が監修し、英雄互娯が自力開発したの「一起来冒険」はIOS&Android版がりりーりされ、3度もApp Store「おすすめアプリ」に選ばれた。


英雄互娯の長期運営タイトルの発展状況も順調である。「Crisis Action」シリーズ、「WeDance」、「Bomb Man2」、「King of Warship」、「Phantom Blade2」、「極三国 -KIWAMI-」などのタイトルは安定的に運営している。2018年にはまた「Crisis Action 3」、「一起来熱舞」、「装甲戦歌」、「王牌御史」、「戦争公約」、「Bomb Man3」、「超殺黙示録」、「Creation & Magic」、「戦争与征服」などのタイトルをリリースする予定である。


香港・澳門・台湾および中国海外地区において、Facebookグローバル進出企業TOP50に入選された。2017年1月13日、「Freestyle 2」が香港・澳門・台湾で配信された。App Stoteのトップセールスランキング4位を取った。登録ユーザーが200万人以上、初月売上高が千万人民元を超えた。「Freestyle 2」が会社にとって、中国大陸地区以外の新たな収入増加ポイントとなってきた。


また、「Crisis Action2」、「King of Warship」、「WeDance」、「WeRace」などのタイトルはすでに香港・澳門・台湾、東南アジアなど十数ヶ国・地域でリリースされ、よい成績を取っている。


App Annieのレポートによると、英雄互娯の「Crisis Action」、「WeRace」、「Freestyle 2」が香港・澳門・台湾地区のMobile e-Sportsゲームランキングで2位、7位、8位の成績を取った。東南アジアの6ヶ国において、「Crisis Action」、「WeDance」、「Bomb Man2」、「King of Warship」、がMobile e-SportsゲームランキングでTOP20の成績を獲得した。


2018年1月8日「WeRace」がベトナムで配信され、ユーザーに高く評価され、リリース翌日でベトナムApp Stoteの無料ゲームランキングNo.1およびGoogle trending(新着ゲームランキング)No.1を獲得した。2018年1月19日、「侠物語」がタイにリリースされ、iOS&Googleplay両方のトップセールスランキングでともに4位に達した。


2018年に入ってから、英雄互娯が中国共産党第19回全国代表大会の(政府活動)報告で提出した「『革新・調和・エコ・開放・共有』の発展理念を貫徹」という方針に基づき、「革新発展・調和発展・エコ発展・開放発展・共有発展」の五大発展理念を堅持していた。3月26日、英雄互娯が香港で四洲グループと戦略パートナー協力関係を締結し、「新たな小売、新たなeコマース」という異業連携を試し始めた。


それだけではなく、英雄互娯が2018年のゲーム分野においてまた続々と数タイトルを打ち出している。4月2日、代理した「奇跡MU覚醒」が正式リリースされ、初日の登録ユーザー数は10万人を超えた。4月3日、「Art of War: Red Tide」のAndroid版が中国国内でリリースされた。4月13日、新タイトル「食豆大作戦」を配信した。4月18日がまた新タイトル「超殺黙示録」がリリースされた。連続的な配信により、会社のゲームジャンルをさらに広めていく。


英雄互娯が香港K11社と未来十年間が中国全国でe-Sportsビジネス生態圏を建設面における戦略連携関係を締結した。オフラインe-Sportsコースを配置する予定。両方がK11プロジェクト及び建設中のK11プロジェクトにおいて、e-Sports競技館、VR体験館、、eSports Bar & テーマレストラン、広場などを建設することを企画する。その内、K11プロジェクトのe-Sports競技館のフラッグショップ、屋上ガーデン或いは映画館などで、フラッシュモブ式のe-Sports競技大会、VR体験店と実況中継などのイベントを行う予定である。


ちなみに、英雄互娯が中国の北京大学と連携し、大学院生へ向け、モバイルゲーム授業を設置し、英雄互娯のゲーム「Creation & Magic」を巡ってゲーム業界の開発、チャンネル、マーケティング、運営四つの業務分野の知識を勉強し、実習する。企業人材の育成体制を進化さでる。現在授業はすでに終了、北京大学の学生たちが英雄互娯で実習し始める。


2017年、泛娯楽業界において、英雄互娯は制作委員会の一員として、大人気映画「絶世高手」、「芳華」を配信した。改めて会社が優秀作品内容に対しのコントロール能力と業界での持続的な発展力を市場へ証明した。


ニュース NEWS